鎮痛消炎剤の性質による用途の違い

鎮痛消炎剤と言えば思い浮かべるのが、湿布やサロンパスです。どちらも鎮痛を目的としてた役割があり、医家向けや市販など、様々な種類があります。医家向けであれば、医師の診断と用法で使い方を誤る事はありません。しかし、市販の湿布やサロンパスはどうでしょうか。薬剤師さんでも、湿布とサロンパスの明確な使い方の違いを説明出来る方は少ない印象を受けます。そして一般的には、湿布もサロンパスも同じ効果のある鎮痛消炎剤のひとくくりと考えがちです。ところが、湿布は冷却効果が高く、貼ればひんやりとし、熱を持つ痛みに効くように出来ています。しかし、熱もない痛みに貼ってしまうと、冷えにより血流を悪くし、痛みを増幅させてしまう恐れもあります。一方サロンパスは、スースーした感じは受けますが、スースーするのはメントールであり、メントール自体に冷却機能はありません。ひんやりとした感覚は、プラシーボ効果です。サロンパスは主に、熱を持たない痛みに効きますが、熱を持つ痛みには熱を引かせる事が出来ない分、遅効性となり、痛みが長引いてしまう事になりかねません。鎮痛消炎剤と一言で言っても、かなり用途に違いがある事は知ってもらいたい事実です。