ネギの入っていないネギトロ丼の話

ねぎの入っていないネギトロ丼を提供しているお店があるのをご存じでしょうか。ネギトロと言えば、マグロのトロと葱を混ぜ合わせたもので、それをご飯の上にかけてネギトロ丼と呼ばれることが多いです。たぶんほとんどの人はネギトロ丼はこの認識だと思います。

しかしネギトロ丼の語源からいうとトロでもなければ葱でもないのです。私も最近知ったのですが、もともとは「ねぎ取る」という言葉だそうで、魚をさばく際に背骨の周りの身を削り取ることを「ねぎ取る」と言うそうです。
その身をたたいて伸ばして握りの上に乗せる寿司ということから、だんだんと言葉が変わってきてネギトロになったそうです。

つまり、ネギトロ丼に葱が入っていなくても全く問題はなく、そもそもマグロのトロである必要さえないというのが正解だそうです。

その後は名前に合わせて実際に葱を入れるようになって今の形になったようです。

なのでもしネギトロ丼を頼んで葱が入っていなくても、それは本来のネギトロの形であるためお店にクレームは出してはいけないのです。そんなネギトロ丼も今や完全に人気のメニューになっていますね。