DIY作業で樹脂材を切断する際に役に立つテクニック

普段からDIYでリフォームや物作りを行っていますが、素材を切断する際に、材料が樹脂製、プラスチック素材の場合で尚且つ厚みのある材料であれば、グラインダーを用いています。ところが普通にグラインダーで切断をしてしまうと、ディスクの回転する熱によって樹脂素材は溶けてしまうことがあります。溶けた部分はバリのように縁に残りますが、素材によってはかなりのバリが発生してしまい、後から金属ヤスリを使っても綺麗に仕上げるまでの時間が大きく掛かってしまう問題があります。この作業工程で役に立つテクニックはあり、切断するラインを引いた際に、本体側の境界部分にマスキングテープを貼り付ける方法を試したところ、マスキングテープを剥がすと綺麗な本体に仕上げることに成功できます。用いるマスキングテープは一般用や塗装用、コンクリート用など実際には沢山の種類がありますが、粘着力の高いマスキングテープを用いることも鉄則です。実際に塗装用の粘着性の弱いマスキングテープを使ってみたのですが、グラインダーの回転熱によって作業中に剥離してしまった経験があるので、殆どのメーカーが共通している黄色のマスキングテープを使えば万全です。このタイプでもホームセンターでは1巻きで70円程度で購入できるので、在庫にストックしておくと非常に便利です。