梅干しは、煮魚に必要です

煮魚は、たまにするメニューの一つだと思います。黒ガレイは、その代表だと私は思っています。地域差もあるでしょうが、そろそろ安くなる時期でしょう。煮魚に必要なものといえば、出汁(昆布や鰹節)・ショウガも使っている人は多いと思います。醤油・酒・みりんは、必需品だと思います。私は、液体の出汁を使っています。結構手軽で、出来上がりも悪くないです。そして、梅干しなんです。煮魚の出来上がりは、柔らかいものです。せっかく鍋の中で、きれいに仕上がっているのに、盛り付けで失敗をする人は、多いみたいです。私も、困っていました。鍋の中ではきれいだけど、皿の上では、ひどい時には、寄せ集めみたいになっていました。当然、判らない時は、箸を使いますが、すぐにこれではだめだと気付きます。おたまを添えたり、ヘラを使ってみたりと工夫をしてみましたが、いつもうまくいくものではありません。煮魚はこうゆうものとあきらめていました。しかし、ある時ある人に言われました。梅干し入れてみなって、言われました。半信半疑で、言われたとおりに、梅干しを入れてみました。なんということでしょう。きれいに盛り付けができます。味も変わりません。私はいつも黒ガレイの切り身6っ位に対して、梅干し3個入れます。黒ガレイを入れたときに一緒に梅干しを入れます。型崩れしません。ぜひ試してください。驚かれると思います。